老いのひとこと

f:id:takaotm1101101:20210417064215j:plain

小室圭さんの生い立ちや身の上話を知る限りに於いては運命とは云え極めつけの薄幸なる半生を歩む人にみえる。

それなるが故に彼には此れ又極めつけのシンデレラボーイの栄冠を付与して然るべきであったのかも知れない。

ところが母親に絡む元婚約者X氏からの金銭問題が俎上に上り抜き足ならぬ事態は天下を二分する一大騒動に発展していった。

圭さんの中高大学に在学中の莫大なる学費負担がX氏からで在るとすれば猶の事返済の有無で一層のこじれを来たした。

28枚の釈明文は尚一層混迷の度合いを極める。

弁護士資格を有する逸材なら堂々と身を曝し会見の場を設定致すべきではなかろうか。

眞子さまの期待感をよそに国論は二分された。

こうなれば皇室の複雑なしがらみを離れ巨億の持参金も捨て去り自由の天地を求めてお二人は欲しいままに羽ばたけばそれでよい事ではないか。

 

 

老いのひとこと

f:id:takaotm1101101:20210416070753j:plain

取り敢えず、此の12品目を一覧表にしてわたしの孫子一族12名に提示し希望する品目に名前を書いて貰うことにでもしようかな。

希望者が複数ならジャンケンが好い。

いやいやそうではなしに12人の暗黙の了解の元で一番ぴったりの該当者の名前を書いて貰う手もあるなあ。

此れが最も民主的になるかも知れないなあ。

それにしても一番の末孫が分別ある年頃になるにはまだ数年は在ろうから此の案はやはり時期尚早で無理のようだ。

 

無論、わたしの方から一方的に一番孫に

頼まねばならないものも確かにある。

だから此の手でわたしが分配して決めれば一番簡略かも知れないなあ。

 

皆からそっぽを向かれて結局はあの団袋に押し込められる運命が待つのだろう。

 

 

この様な訳の分からことで頭を悩ます内に何時の間にか頭が可笑しくなって「ハイそれまでよ」で幕引きとなり案じた通り、あの大きな袋に詰め込まれて埋め立て処理されるのがオチなのだ。

 

 

老いのひとこと

f:id:takaotm1101101:20210415064948j:plain

ご近所の学生寮らしき集合住宅が解体作業に入った。

ダンプや大型重機が入り大々的だ。

外形はまだ残るが内部のガラクタの類が巨大な団袋に詰め込まれクレーンで持ち上げダンプに積む。

あの家も此の家も早晩いずれの御時には同じ運命と相成ろう。

此の我が家も同じく解体の憂き目に出逢う日も必ずややって来よう。

もはや時間の問題、必然の帰着点だ。

ひしひしとそれが実感として迫り来る。

わたしの身の回りに犇めく諸々の思い出の品愛用の品々があの大きな袋に納められ廃棄の運命が待つことを思えば何とも言えぬ虚しさが込み上げる。

あのような団袋には決して入れたくはない物品をせめて早急にピックアップ致さねばなるまい。

  • 佛さま
  • 友重や清秀の類
  • 由緒書等の史料
  • PCデーター
  • 釣り具の数々
  • 掛け軸類
  • 陶器類
  • 絵画=滝川武雄・巌・端名清
  • 剣道具類
  • 座卓・テーブル等
  • 筆・硯・手本等
  • アンプチューナにLPレコード盤

その他書籍類。

 

 

老いのひとこと

f:id:takaotm1101101:20210414063934j:plain

     サカキ(眞榊)

別段、「此の木は何でしょう」と意図的に問い掛けたつもりはなかったのだがご奇特なお方から早速ご回答をいただいた。

ヒサカキ」と教えていただいた。

神棚に祀る「サカキ」とはよく似ているが別種の植物であるらしい。

同じツバキ科だがヒサカキ属とサカキ属の違いで葉っぱが鋸歯縁か全縁かで見分けるとのことです。

勿論あの異様な臭いで区別は出来そうです。

榊に非ざる榊なので非榊つまりヒサカキと相成るのでしょうか。

共に神宿る神聖なる神木に違いはなさそうです。

ヒサカキ」に宿る神様の体臭が少々頂けない匂いがすると云うことを知らされました。

 

拙い投稿文にも拘らずお目通し頂けたことは何よりも光栄に存ずる次第です。

 

フナダさん有難うございます、勉強になりました。

 

 

老いのひとこと

f:id:takaotm1101101:20210413065023j:plain

気付け薬ではあるまいにサラサラ剤を二錠ぐらい飲んで行き成り起死回生の効果を期待するなんて余りにも虫が良すぎましょう。

気の所為だろうが何となく頭が重く充血感を覚える。

ふら付く程ではないにしても何となく足元がおぼつかない。

お腹を突き出しあたかも妊婦さんのように若しくはヤーさんスタイルで肩で風切る風情を試してみても今日は全く気持ちが乗らない。

馬鹿臭くなって猫背のまま俯き加減でとぼとぼ足を引きずる情けないザマだ。

これくらいのコンデション下で医師に泣き付くわけにはいくまいぞ。

足元に気を付けよ、よろけて転倒だけは避けねばならい。

突かない杖ではあるが最悪の事態を想定し何時も「転ばぬ先の杖」だけは持参する其の杖一本だけを頼りにお決まりのコースを一周した。

疲れ申した。

 

 

老いのひとこと

f:id:takaotm1101101:20210412065826j:plain

血液サラサラ剤の効能やいかに。

服用後の即効性に期待を寄せていつものお出掛けです。

何ら変わりはない、なるべくお腹の皮を張って前へ突き出す感覚を意識しながら歩くがどうしても長続きしない。

直ぐにうつむく姿勢を戒めながら歩く。

のたのたのろのろ歩きしか前には出ないがマイペースをモットーに歩む。

頭がふらっと傾くごく軽微な一過性脳虚血発作はやはり治らないが立ち止まるまでもなく直ぐに復元して呉れる。

前川・北・井山三君に挨拶を交わし呂律が回ることを確認した。

視界にモザイク模様が入ってはいないかその都度視力の異常を確かめる。

いつもと変わりがない。

下校途中の子らに「オッス」とか「こんにちは」とちょっかいを掛ける。

「今日は始業式ですか」と問い質せば「入学式の準備です」とにこやかに元気のよいお返事が返る。

此の間、初期脳梗塞症状の発作らしき兆候は全く意識することなく終えた。

ああ好かった、きっと薬が効いてきたのかも知れない。

 

老いのひとこと

f:id:takaotm1101101:20210411070031j:plain

脳神経外科の専門医の診察を仰いだ。

MRI撮影と断層撮影の電子画像から軽い初期段階の脳梗塞症状であると診断された。

名医の弁を信ずるしかない、画像にはわたしの脳の血管が部分的に薄く途切れてぼやけてみえる。

素人目にも血管が詰まりかけて血流が巧く流れてはいないことが覗える。

血小板が凝固し血栓ができるのを抑制し血流をよくするための薬を二種類7日分だけ処方してくださった。

一週間後に最終的診断を出しましょうとその道の権威で在られるご年配の大先生が威圧的に物申されたのです。

 

もうそろそろガタが来たのではなくもうとっくに其処ら中がガタだらけでもうガタガタなのだ。